第45回日本男子ソフトボールリーグ決勝トーナメント第1日は12日、栃木県宇都宮市の栃木県総合運動公園で1回戦4試合があり、西日本リーグを3位で通過したダイワアクト(佐賀市)は豊田自動織機(東日本2位)を3-1で下した。

 ダイワアクトは先発のアンドリュー・カークパトリックが1失点完投。自ら2本の本塁打を放つなど、投打に活躍した。

 最終日は13日、同会場で準決勝と決勝がある。

 ▽1回戦ダイワアクト      0020001─3      0000001─1豊田自動織機(ダ)アンドリュー-ニコラス(豊)濱田、深津-林、釣井▽本塁打 アンドリュー2(ダ)▽二塁打 山本(豊)
<記事全文を読む>