テニスの第32回県ジュニアトーナメントは12日、群馬県前橋市のALSOKぐんまテニスコートで男女各18歳以下から14歳以下までのシングルスとダブルス計7部門の決勝が行われた。18歳以下シングルスは男子の香村和哉(前橋高)が2年ぶりに頂点に立ち、女子は湯浅里帆(高崎TC)が初優勝。香村と湯浅はダブルスも制し、ともに2冠を達成した。

 大会は19日に12歳以下と10歳以下の男女計6部門、23日に16歳以下男子ダブルスの決勝が行われる。

...    
<記事全文を読む>