山形市のクラレ蔵王シャンツェを舞台にしたノルディックスキーの全日本選手権ジャンプ・ノーマルヒル(NH)は12日、競技前日の公式練習が行われた。男女それぞれの選手は感触を確かめながら踏み切り13日の本番に備えた。

 全日本選手権は蔵王では初開催。昨季から秋に実施しており、今回のNHは男子68選手、女子27選手が出場予定。男子には本県関係の6選手もエントリーしている。公式練習は時折日差しがある中で行われ、選手はクーリングシステムで凍結した助走路から晩秋の蔵王の景色の中に飛び出し、人工芝のランディングバーンに着地。トップ選手は90メートル超の飛距離を出していた。

 クラレ蔵王シャンツェは国際スキ...    
<記事全文を読む>