フィギュアスケート元日本代表の村主章枝(すぐりふみえ)さんを特別コーチに招いたスケート教室が十二日、敦賀市呉羽町のニューサンピア敦賀であり、子供から大人まで約二百人が元気に氷上を滑った。

 村主さんが同市で指導するのは初めて。教室は、日本スケート連盟が競技人口拡大のために全国で開いている。

 村主さんは上級者コースで、後ろ向きに滑るコツとして、右足と左足の力加減を同じにすると指導。初心者の子供たちには、足の向きや体重移動を丁寧に教えていた。同市櫛川、主婦国政摩耶さん(39)は二人の娘と参加。「村主さんは大きい声でわかりやすく教えてくれた」とうれしそうだった。

 村主さんは「敦賀の子どもたちは...    
<記事全文を読む>