来年2月19日に開幕する冬季アジア札幌大会の100日前記念イベント「ウインタースポーツスクエア」が12日、札幌市中央区の札幌駅前通地下歩行空間北3条交差点広場で始まった。大会の広報大使である元フィギュアスケート選手の浅田舞さんや札幌生まれのキャラクター「雪ミク」が観戦を呼び掛けた。11日に開幕100日前を迎えたことに合わせて、大会組織委員会(事務局・札幌市)が企画した。

 浅田さんはトークショーに出演。見どころについて、自身も活躍したフィギュアスケートを挙げ「日本代表の選手はこれから選ばれるのでわくわくする」と話した。雪ミクや公式マスコット「エゾモン」の着ぐるみも登場し、詰めかけた来場者...    
<記事全文を読む>