2016(平成28)年度県高校新人体育大会後期(11日)バドミントン、卓球、柔道、剣道、弓道、なぎなた、バスケットボール、ボウリング(以上北國新聞社後援)など17競技が行われ、バドミントンの女子団体で金沢学院が30度の優勝を誇る強豪向陽を破って初優勝を果たし、男子団体は金市工が王座を奪還した。卓球の団体は遊学館がアベック制覇し、剣道の男子個人は盛本凪(羽咋工)、なぎなたの団体試合は羽咋、ボウリングの個人決勝戦は男子・山崎玲央(金市工)、女子・端保優寧(尾山台)が優勝した。

...    
<記事全文を読む>