十月の全日本小学生女子相撲大会(大阪府)の六年生の部50キロ未満級で準優勝に輝いた氷見市朝日丘小学校六年の八嶋那乃羽さんが十一日、同市役所を訪れ、本川祐治郎市長に入賞を報告した。

 八嶋さんは四試合に出場。身長一四八センチ、体重四六キロと小柄で、全試合で相手は自分よりも体が大きかったという。持ち前の立ち合いの速さを生かし、寄り倒しや押し出しで勝利した。大会を振り返り「いつもより勝ったらうれしいし、負けたら悔しく感じた」と話した。

 八嶋さんは市相撲協会の少年相撲教室と、地元の相撲クラブに所属している。今後も地元のクラブで活動するほか、高岡市のレスリングクラブに通うという。「当たりが強くて、...    
<記事全文を読む>