日本相撲協会は11日、大相撲九州場所(13日初日・福岡国際センター)の取組編成会議を開き、2日目までの取組を決めた。先場所全勝優勝し、初の綱とりに挑む大関豪栄道は初日に平幕の栃煌山戦、2日目に大関とりを懸ける関脇高安戦が組まれた。対戦成績は栃煌山と19勝13敗、高安には7勝12敗と苦手。

 自己最高位の東前頭6枚目で臨む盛岡市出身の錦木(伊勢ノ海部屋、盛岡・米内中)は初日に西5枚目の宝富士、2日目は東7枚目の豪風と対戦する。

 横綱陣の初日は、全休明けで史上3人目の通算千勝にあと3勝の白鵬が関脇隠岐の海と顔を合わせる。日馬富士は小結玉鷲、鶴竜は新小結御嶽海の挑戦を受ける。
<記事全文を読む>