14~20日に東京で行われる第10回アジア水泳選手権の水球競技の女子日本代表チームが決まり、県関係では富山市出身の稲場朱里(秀明大1年)が選ばれた。

 稲場は同市堀川中時代の2011年、「富山スイミングパレス」の主力として全国ジュニア五輪夏季大会で優勝。秀明英光高(埼玉)へ進学して腕を磨き、昨年のアジア選手権で始めて日本代表入りした。

 今回のアジア選手権では男子代表に兄の航平(富山北部高出、筑波大3年)も選出されている。

...    
<記事全文を読む>