スキージャンプの全日本選手権ノーマルヒル(NH)が13日、山形市のクラレ蔵王シャンツェ(ヒルサイズ106メートル、K点95メートル)で行われる。国内最高峰の大会の一つで、来年2月に北海道で開かれる冬季アジア大会の選手選考の大会の一つでもある。男子は伊東大貴(雪印メグミルク)竹内択(北野建設)作山憲斗(同)、女子は高梨沙羅(クラレ)などが出場。蔵王を舞台に高レベルの戦いが繰り広げられる。

 全日本選手権は、冬季に海外遠征を行うトップ選手も出場できるよう昨季から秋開催としている。男子は6日に長野県白馬村でラージヒル(LH)を行った。初開催となるクラレ蔵王シャンツェは、改修により助走路にクーリ...    
<記事全文を読む>