日本フットボールリーグ(JFL)への昇格をかけた全国地域サッカーチャンピオンズリーグに臨む、刈谷市の市民サッカークラブ「FC刈谷」の選手らが、市役所で竹中良則市長に意気込みを語った。

 FC刈谷は今シーズン、東海社会人サッカーリーグで十三勝一分け・負けなしと、ぶっちぎりの成績で二連覇を達成した。選手を引退し、今年からチームを率いる飯塚亮監督(29)=写真(右)=は「より攻撃的な自分たちのサッカーを貫くことができた」とチームへの手応えを語る。

 全国の地域リーグを勝ち抜いたチームと、JFL昇格をかけて戦う同チャンピオンズリーグは、十一日から富山県で始まる。昨年は決勝ラウンドまで進みながら、惜...    
<記事全文を読む>