2008年北京五輪の陸上男子400メートルリレーで銅メダルに輝いた塚原直貴選手(31)=富士通・東海大三高―東海大出=が9日、今季限りの現役引退を表明した。母校の岡谷北部中(岡谷市)創立70周年記念式典で講演後、信濃毎日新聞の取材に明らかにした。

 岡谷市出身。陸上男子短距離界のエースとして活躍し、日本選手権100メートルは06〜08年に3連覇を達成。北京五輪の400メートルリレーは第1走者を務め、日本にトラック種目では80年ぶりとなるメダルをもたらした。100メートルでも準決勝進出を果たした。03年に信毎選賞、08年に信毎賞を受賞。

 8月のリオデジャネイロ五輪は若手主体の日本が男子40...    
<記事全文を読む>