世界の強豪が参戦するラグビー7人制のワールドセブンズシリーズ(12月開幕)のレフェリーに、トップリーグなどで笛を吹く小学校教諭の橋元教明さん(30)=京都市伏見区=が初めて選ばれた。大学時代から地道に経験を重ねてつかんだ大舞台。目標とする東京五輪のレフェリー選出に向け「世界のプレーを理解して信頼を得たい。『ハシモト』の名前をアピールできるよう頑張りたい」と意気込む。■30歳橋元さん夢は東京五輪“出場” 橋元さんは京都成章高で選手として全国大会に出場。将来はレフェリーになりたいという夢があり、京都産業大ではラグビー部に入らず、レフェリーの資格を取得した。日本ラグビー協会の若手審判育成組織...    
<記事全文を読む>