11日に神戸市立中央体育館で行われるプロボクシングの東洋太平洋ミニマム級王座決定戦で、21歳のホープ山中竜也(真正)が自身初のタイトル戦に挑む。相手は元世界王者の強敵だが、勝てば世界ボクシング機構(WBO)暫定王座決定戦への出場が決まる大一番。「どんな内容でも勝ちにこだわる」と意気込む。

 堺市出身。中学時代は、憧れの長谷川穂積が所属する神戸市兵庫区のジムに片道2時間かけて通った。卒業後はボクシングに懸けて高校には進まず、ジムの近くに住んでトレーニングに励んできた。防御がうまく、多彩なパンチが持ち味。昨春には磨きをかけたアッパーを有効に使ってフィリピンの東洋ランカーを破るなど、現在5連勝...    
<記事全文を読む>