【四日市】四日市市の田中俊行市長は八日の定例記者会見で、カナダ体操協会と東京オリンピックの事前キャンプに関する協定を結んだと発表した。他国代表の東京五輪事前キャンプ地に決まったのは、県内では同市が初めて。

 同市長らが十月二十八日から今月二日までカナダを訪問し、現地時間の十月三十一日、同協会のピーター・ニコルCEOと同市長が協定を交わした。

 主な協定内容は、同協会が東京五輪に出場する選手団の事前キャンプを四日市市で実施し、市は全面的に協力▽事前キャンプを平成三十二年七月に実施し、練習会場は中央緑地新スポーツ施設を使用▽カナダ選手団は、市民との交流促進を目的とした市主催の交流行事へ参加する...    
<記事全文を読む>