ボウリングの第39回ジャパンオープン選手権が6日までの4日間、愛知県稲沢グランドボウルで行われ、女子個人で徳島県の木村真理(スエヒロボウル)がプロを下して優勝した。県勢の優勝は初めてで、女子のアマチュア選手の優勝は4人目。

 ジャパンオープンは日本最大のトーナメント。全国のプロアマ男女計約1200人が参加し、男女に分かれて4人チーム戦、ダブルス戦、シングルス戦を行った。

 ◎好調キープしプロ選手撃破 「夢が現実になって本当に驚いている」。木村(スエヒロボウル)は再優勝決定戦で、国内トッププロの姫路(フタバボウル/ABS)を撃破し、ビッグタイトルを手にした。

 木村は予選を首位で通過。その勢い...    
<記事全文を読む>