沖縄でなじみの薄いシンクロナイズドスイミング。競技人口も少なく、沖縄水泳連盟などによると、県内の選手登録は小中学生4人のみ。しかし、那覇市の波之上スイミングスクールは、シンクロ選手育成を2014年から始動。成果は着実に見え始め、最近は複数の選手が九州上位の成績を残す。現在は間近に迫る福岡での大会(23日開幕)へ向け特訓中だ。沖縄から全国クラスのシンクロ選手誕生を描き、選手、監督らは日々前進する。(田吹遥子)■ソロで実績 今年7月、全国ジュニアオリンピックカップ九州予選で、上間小学校6年の玉城結衣(11)がソロで1位と僅差の2位に食い込んだ。練習する波之上スイミングスクールの菊田和男コー...    
<記事全文を読む>