日本ハンドボールリーグ(JHL)の琉球コラソンは6日、名護市の名護21世紀の森体育館でホーム戦を行い、大同特殊鋼に24―33で敗れた。コラソンの成績は4勝1分4敗で6位。

 今季開幕戦で敗北したため、雪辱を期す思いで臨んだ試合だが、前半から大同の守備に攻撃が阻まれる。3人の退場で数的不利に追い込まれ、前半は11―16とリードを許した。挽回しようと運動量を増したコラソンだが、勝利へ強い思いとは逆にチームの歯車がかみ合わない。リスタートのミスで連続失点するなど、点差を詰められないまま、試合が終了した。次戦は13日午後2時から、浦添市民体育館でトヨタ紡績九州と対戦する。(観客数968人)大同特...    
<記事全文を読む>