バドミントンの「S/Jリーグ」は6日、札幌市の北海きたえーるで男女各3試合を行った。女子の北都銀行は昨季優勝の日本ユニシスを2―1で下し、番狂わせを演じた。北都銀行は開幕から2連勝。次戦は来月18日、横手市総合体育館でACT SAIKYOと戦う。

 昨季4位の北都銀行が、強豪日本ユニシスから金星を挙げた。崖っぷちに立たされた川上紗恵奈が粘りを発揮。大物食いの主役を演じた。

...    
<記事全文を読む>