三好市の吉野川を拠点に活動する女子ラフティングチーム「ザ・リバーフェイス」が、アラブ首長国連邦(UAE)で10月31日~11月5日に行われた世界選手権で、一般女子の部の総合3位に入った。昨年のインドネシア大会(3位)に続く好成績で、来年10月に同市などの吉野川で開かれる世界選手権に弾みをつけた。

 大会は、UAE東部の都市アル・アインにある人工コースを会場に、28カ国から85チーム(うち一般女子17チーム)が参加し、4人制で4種目の総合得点を競った。リバーフェイスは水澤知香主将(32)、阿部雅代さん(38)、浅井裕美さん(36)、小林裕子さん(32)が出場した。

 リバーフェイスの種目別の...    
<記事全文を読む>