障害者と健常者が同じスポーツを楽しむ「障害者スポーツフェスティバル」が5日、兵庫県南あわじ市北阿万筒井の同市文化体育館であった。約50人が「ハンドサッカー」に挑戦し、ゲストのリオデジャネイロ・パラリンピック視覚障害者柔道男子100キロ超級銅メダリスト、正木健人選手=同市出身=も出場した。

 障害の有無などに関わらず誰でも参加できる競技の普及を目指す「あわじユニバーサルスポーツの会」が、昨年に続き開催。同市や洲本市内の10~50代の障害者20人と、健常者約30人が参加した。

 ハンドサッカーはさまざまな障害がある人たちが一緒にプレーできるようにボールの保持時間などを工夫した競技。7人制で、3...    
<記事全文を読む>