リオデジャネイロ五輪の重量挙げ女子48キロ級で銅メダルを獲得した三宅宏実選手(30)が4日、父親の義行さん(71)の母校の宮城県村田町村田二中を訪れ、地元の小中学生や住民計約500人を前に大会の結果報告をした。

 三宅選手は「皆さんの応援がバーベルを支え、メダルを取ることができた」と強調。子どもには「夢の過程は苦しいこともあるが、諦めずに頑張ってほしい」とメッセージを送った。

 佐藤英雄町長から「賛辞の盾」を受け取った。町に関しては「自然がたくさんあって癒やされるすてきな町。来ることができて良かった」と話した。

 1968年メキシコ五輪の重量挙げフェザー級銅メダリストの義行さんも来場し「願え...    
<記事全文を読む>