玉名市の蓮華院誕生寺奥之院で3日、大祭があり、僧侶たちが護摩木を炎に投じ、熊本地震からの早期復興を祈願した。13日に開幕する大相撲九州場所を前にした恒例の横綱土俵入りは、日馬富士関が堂々たる土俵入りを奉納した。

 日馬富士関は、太刀持ちに千代の国関、露払いに宝富士関を従え、両腕を大きく広げる不知火型の土俵入りを披露。力強く四股を踏むと、詰め掛けた大勢の観衆から「よいしょー」と掛け声が上がった。

 小学生とのかかり稽古では、必死で食らい付く豆力士を、横綱がまわしをつかんで持ち上げたり、わざと押し出されたりして客席を沸かせた。小天小2年の松村彰大君は「横綱はとても強くて、はね飛ばされそうだった...    
<記事全文を読む>