日本ハンドボールリーグ(JHL)の琉球コラソンは3日、愛知県の中村スポーツセンターで豊田合成と対戦し、30―27で勝利した。今季の成績は4勝1分け3敗。

 コラソンは前半からリズムをつかめず、一進一退の攻防が続いたが、後半に入って守備のスピードが上がると速攻や攻撃も勢いを増し、点差を広げて振り切った。次戦は6日午後2時、名護市の名護21世紀の森体育館で大同特殊鋼と戦う。琉球コラソン 4勝1分け3敗30―27(12―12,18―15)豊田合成 5勝4敗◆守備から主導権握る/クロスプレー、個人技発揮 今季の前半戦最後となる豊田合成戦。上位に食い込む実力チームに対して、琉球コラソンは後半に守備...    
<記事全文を読む>