アイスホッケーアジアリーグのHC栃木日光アイスバックスは3日、青森県八戸市のテクノルアイスパーク八戸で2位の東北と対戦、1-4で敗れた。4連敗で、通算成績9勝9敗の勝ち点27。順位は6位。

 アウェーに乗り込んだ3連戦の初戦。バックスは立ち上がりに5分間のパワープレーを獲得するなどして攻め、第2ピリオド11分39秒にはFWマーク・ディレイゴが先制点を挙げた。

 しかし直後に追い付かれると、キルプレーを守りきれずに立て続けの失点。2点を追う第3ピリオド終盤にはGK龍翔太郎(りゅうしょうたろう)をベンチに下げて6人攻撃に出たものの、逆にダメ押し点を奪われて力尽きた。

 バックスの次戦は5日午後5...    
<記事全文を読む>