【沖縄】県内のバイクレース関係者や自動二輪車の販売業者らが、ライダー選手育成を目的とした「沖縄グローバルライダー育成協議会」を立ち上げた。代表は東海輪業(沖縄市泡瀬)の仲村幸之助代表(47)。幸之助さんの次男は県出身ライダーの第一人者で、現在アジアを股に掛けて活躍する優佑さん(23)。「息子だけでなく、その後継も育ってきている。継続して育成できる仕組みをつくりたい」と幸之助さん。沖縄のバイクレース業界の発展に思いをはせる。

 設立は8月29日付。9月10日の記念パーティーには桑江朝千夫沖縄市長ら関係者約150人が参加した。現在県内の業者20社以上が賛同している。きっかけは沖縄市のサーキッ...    
<記事全文を読む>