横浜国際総合競技場(横浜市港北区)で予定されている2019年ラグビーワールドカップ(W杯)の決勝戦まで3年となった2日、大会アンバサダーらが開催都市の県と同市を訪れ、大会成功に向けて協力を求めた。

 訪問したのは、組織委員会の嶋津昭事務総長、いずれも元日本代表でアンバサダーの田沼広之さん、昨年のW杯に出場した広瀬俊朗さんの3人。黒岩祐治知事と林文子市長に記念品のラグビーボールを手渡した。

 同市出身の田沼さんは「生まれ育った地での決勝開催に特別の思いがある。仲間を信頼してゴールへ向かうラグビーの魅力を広く伝えたい」などと述べ、黒岩知事は「国民みんなで歓迎できる大会にしたい」と応じた。林市長...    
<記事全文を読む>