2020年東京五輪・パラリンピックの競技会場見直し案を都政改革本部が小池百合子都知事に提案したことを受け、黒岩祐治知事は1日の記者会見で、「都政改革を議論する外部有識者が五輪全体を仕切っているイメージはおかしい。会場を決める権限があるのか。納得できない」との認識を示した。

 見直し案に埼玉県が要望したボート会場が盛り込まれなかったことにも「(国際オリンピック委員会などとの)4者協議の前に、都政改革本部がこの会場はどうだと言うのは理解できない」と首をかしげた。

 見直し案は、バレーボールの会場候補の一つに横浜アリーナを挙げているが、知事は「費用・役割分担が決まっていない中で、判断する状況にな...    
<記事全文を読む>