ソフトボールの灯を絶やすな―。八戸市内の小学生による女子ソフトボールチーム「市川ベリーズ」が今月、産声を上げる。本年度内に市内小学校のソフトボール部が全て姿を消すことから、「子どもたちに活動の場を提供したい」と同市市川町の会社員鈴木郁夫さん(44)がメンバーを募り、設立にこぎ着けた。鈴木さんは「ソフトボールは東京五輪の競技にもなる。底辺拡大につなげたい」と意欲を語る。

...    
<記事全文を読む>