政府は2016年秋の褒章受章者を2日付で発表した。スポーツなどで功績を残した人に贈られる紫綬褒章に、小山市出身で競泳男子の萩野公介(はぎのこうすけ)選手(22)=東洋大=らリオデジャネイロオリンピックの金メダリスト16人が選ばれた。

 「非常に幸せ。自分にとってプラスになるよう精いっぱい頑張っていきたい」 12年のロンドン五輪で銅メダル、今年8月のリオ五輪ではけがを乗り越えて金、銀、銅メダルを獲得。10月31日の古里・小山市で行われた凱旋(がいせん)パレードで沿道を埋め尽くした市民らに接し、「自分は幸せ者」と何度も同じ言葉を口にした。

 9月下旬に右肘の手術を受け、リハビリと体幹トレーニン...    
<記事全文を読む>