雫石中3年の谷地望さんは、全日本女子相撲選手権大会中学生重量級(75キロ以上)の部で初出場、初優勝を果たした。中学校では柔道部に所属し、今夏の東北中学校体育大会を制し、全国中学校体育大会70キロ超級で5位入賞した。レスリングにも取り組む155センチ、75キロの「女性格闘家」は「どの競技でも、もっともっと強くなりたい」と稽古に励んでいる。

 同選手権は堺市で10月16日に開かれ、谷地さんが出場した重量級の部には、全国の10人が出場。柔道で学んだ投げ技を操り勝ち進むと、決勝戦でも100キロを超す静岡県の選手を下手投げで豪快に投げ、会場を沸かせた。

 重量級出場選手中、谷地さんは最も体が小さかっ...    
<記事全文を読む>