津市藤方のボートレース津(津競艇)で三日から開催される「鳥羽一郎杯争奪戦」でデビューする畑竜生選手(20)が一日、津市役所を訪れ、前葉泰幸市長にレースへの意気込みなどを語った。

 畑選手は松阪市出身。友人から誘われ、ボートレーサーを目指したという。松阪工業高校を卒業後、競艇選手を養成する「やまと学校」(福岡県柳川市)に入学。今年九月に卒業した。

 畑選手は「まずは無事故と完走を目指します。積極的な旋回も見せていきたい」と健闘を誓った。前葉市長は「レースが開催できるのは、選手がいちずに頑張ってくれているおかげ。お客さんに見てもらえるよう頑張って」と激励した。

 (鈴木里奈)
<記事全文を読む>