リオデジャネイロ五輪に出場したALSOK所属選手の報告会が1日、大阪市内のホテルで開かれ、レスリング女子4連覇の伊調馨、柔道女子70キロ級金メダルの田知本遥、重量挙げ女子53キロ級6位入賞の八木かなえ(須磨友が丘高-金沢学院大出)ら8人が出席した。八木は「ロンドンからリオまであっという間だった。東京五輪までもあっという間。一日一日を大事にしたい」と4年後を見据えた。

 八木はロンドン大会の12位から順位を上げたが、記録は不本意だった。今月19日の全日本女子選抜選手権後、半年間は主要大会がないため、肉体改造に着手する考えで「思い切った練習ができる絶好のタイミング。けがをしない、重い重量に耐...    
<記事全文を読む>