フィギュアスケートの今井遥(23)=県連盟=が、新潟市に拠点を移して3季目のシーズンに臨んでいる。近年、全日本選手権で苦戦が続くが、課題だったルッツジャンプの修正は進んでいる。「ルッツを武器にまで高め『深化』のシーズンにしたい」と巻き返しを誓う。

 全日本では2013年に186・16点で5位。だが、その後は得点が伸びず、樋口新葉らジュニア層からの新星の台頭もあって14年は11位、15年は15位にとどまり、今季は日本連盟の強化指定を外れた。

 苦戦の要因は高難度の3回転ルッツ。14年シーズンに踏み切りの違反の判定が厳格になり、「前の跳び方に慣れていた分、対応が難しかった」と、昨季までは失敗や...    
<記事全文を読む>