全日本スキー連盟は1日、ノルディック複合の渡部暁斗(北野建設)ら強化指定選手が開幕を控えた今季に向けて抱負を語る「TAKEOFF記者会見」を東京都内で開いた。左手の骨折が完治して順調に練習を積む渡部暁は「(現時点の)仕上がりは予想以上。今季は攻めたレースをしたい」と決意を示した。

 ノルディック・ジャンプの葛西紀明(土屋ホーム)や高梨沙羅(クラレ)ら7選手が参加。今季からナショナルチームの愛称を「スノージャパン」に決めたことが発表され、高梨は「かっこいい」と歓迎していた。

 渡部暁は今年5月の練習中に自転車で転倒して左手のひらを骨折した。それでも、「8月末には完治して通常の練習を積んできた...    
<記事全文を読む>