大相撲巡業の「上州高崎場所」が来年四月十五日、高崎市下和田町の新体育館「高崎アリーナ」で開かれる。日本相撲協会巡業部の千田川親方(元小結・闘牙)が市役所で記者会見し、概要を発表した。

 高崎での巡業は三年連続となる。地元出身の力士など約百六十人の力士が参加予定。公開稽古や横綱土俵入り、幕内、十両などの取組やわんぱく相撲などが予定されている。

 チケットの先行発売は十三日午前十時~午後四時、高崎高島屋の屋上特設会場で行われる。一般発売は二十八日から。売り上げの一部は市社会福祉協議会に寄付される。

 千田川親方は「巡業は間近で力士と触れあえる。お子さんたちはこの機会にお気に入りの力士を見つけてほ...    
<記事全文を読む>