障害者スポーツを知ってもらう第4回どうしん☆スポーツサロン(北海道新聞社主催)が1日、札幌市中央区の北海道新聞本社1階にある道新プラザDO―BOXで開かれた。座位のクロスカントリースキーに取り組む札幌の新田のんのさん(20)が、パラリンピック出場を目指す心境などについて語った。

 新田さんは小児がんで下半身が不自由となり、車いすを使っている。小学生で始めた車いすレースについて「風を切って進む楽しさから続けてきた」と説明。指定強化選手となったクロスカントリースキーに関しては「車いすでは動きにくい雪の上を滑ることができてうれしい。ぜひパラリンピックに出たい」と話した。

 また北見工大などの協力...    
<記事全文を読む>