ボクシングの元世界王者で、畑中ジムの畑中清詞会長の長男・建人(18)=中京高3年=が27日、愛知県刈谷市で行われたスーパーフライ級4回戦でプロデビューした。1回1分43秒でTKO勝ちし、「うれしい。スターになった気分」と笑顔だった。

 32年前に父親がスタートを切った同じ日に初戦を迎えた。ダウンを奪って連打で仕留め、「思ったより相手が出てこなかった。自分からいかないと、と思っていた」と振り返った。畑中会長は「ちょっと(終了が)早すぎて物足りなかった。無事、記念すべき日になった。100点」と?を緩めた。

 親子2代での世界王者という壮大な夢を描く。次戦は12月31日を予定しているという。 <記事全文を読む>