男子プロゴルフ「第36回カシオワールドオープン」(カシオ計算機など主催)最終日は11月27日、高知県安芸郡芸西村の黒潮カントリークラブで行われたが、雨のため中止となり、第3日まで通算13アンダー、203で回った池田勇太選手が初優勝を果たした。地元の片岡大育(だいすけ)選手(黒潮CC)は通算7アンダーで谷原秀人選手ら7人と並び、7位だった。

  池田選手は初日イーブンで35位発進と出遅れたが、第2日は8アンダー。2005年に大会が黒潮CCで行われるようになってからのコースレコードタイで首位に躍り出た。第3日も2位正岡竜二選手との1打差を守った。

 現在賞金ランキング1位池田選手は獲得額を1億...    
<記事全文を読む>