池田首位 大会タイ64片岡2打差4位 正岡2位 カシオワールドオープン第2日は11月25日、黒潮CC(7315ヤード、パー72=観客2020人)でアマ6人を含む107選手が出場して予選ラウンド2日目を行った。イーブンパーの35位でスタートの池田勇太が、大会コースレコードタイの64で回り、スコアを8伸ばして一気に首位に躍り出た。通算2オーバー、59位タイまでの66選手が決勝ラウンド進出を決めた。

 通算7アンダーの2位には首位発進の正岡竜二と、B・ケネディ(豪州)が並んだ。初日2アンダー、5位の片岡大育(だいすけ)(黒潮)はスコアを四つ伸ばし、通算6アンダーで4位。

 2008年、2009年大...    
<記事全文を読む>