11月24日に黒潮カントリークラブ(CC)で開幕する男子ゴルフ「第36回カシオワールドオープン」(カシオ計算機など主催)の大会事務局は15日、地元の高知県出身で現在賞金ランキング6位の片岡大育(黒潮CC)ら出場選手98人を発表した。今週の「ダンロップフェニックス」上位選手らを加えた108人で争う。

 24日には、カシオワールドオープンをプロゴルファーと一緒に観戦するツアーも行われる。

 「カシオワールドオープン」は、賞金ランキング上位選手らで争う最終戦「日本シリーズ」前の最後のトーナメント。賞金総額はツアー最高の2億円で、優勝者は4千万円を手にする。

 この日発表された98人の内訳は、ツアー...    
<記事全文を読む>