米ハワイと日本の中高生ゴルファーによるマッチプレー対抗戦、第10回アジアパシフィック・ジュニアカップ最終日は10日、宮崎市のトム・ワトソンGCで1対1のシングルマッチ16試合を行い、日本は11勝1分け4敗と勝ち越した。通算獲得ポイントは日本が22・5、ハワイが9・5となり、日本が3大会連続8回目の優勝を果たした。

...    
<記事全文を読む>