ゴルフの第6回県ミッドアマチュア選手権大会(県ゴルフ連盟、県ゴルフ連盟錬成会主催、下野新聞社など後援)は1日、那須烏山市の烏山城CC(6861ヤード、パー72)で男子を行い、半田裕一(はんだゆういち)(宇都宮)が2位と4打差の1オーバー73で、2年連続3度目の栄冠に輝いた。

 127選手が出場。10月の日本女子オープンが開催された難コースに多くの選手が苦戦する中で、半田は前半のアウトを1アンダー35と好スタートを切ると、後半のインを2オーバー38でまとめた。2位は中三川勝弘(なかみかわかつひろ)(那須塩原)、3位には新島宏基(にいじまひろき)(足利)が入った。

 女子のミッドアマゴルフ選手...    
<記事全文を読む>