日本航空(JAL)は29日、来年6月に長門市向津具半島を舞台に初めて開催される「JAL向津具ダブルマラソン」を、冠スポンサーとして支援すると発表した。同社の溝之上正充九州・山口地区支配人(55)らが同日、市役所を訪れて大西倉雄市長に報告し、「今回良い縁があって冠協賛という形で参画する。さらなる長門市の知名度アップに貢献したい」などと述べた。大会当日は同社員らが運営を支えるボランティアとして携わる。大会実行委員会の名誉顧問には安倍昭恵首相夫人が就任することも明らかになった。同社が冠スポンサーのマラソン大会は、北海道の千歳JAL国際マラソン、米国のJALホノルルマラソンに次いで三つ目となる...    
<記事全文を読む>