6日に下関市で開かれた「下関海響マラソン2016」(実行委員会主催、山口新聞社など共催)の第2回実行委員会が29日、同市阿弥陀寺町の春帆楼であり、関係者約40人が出席した。実行委がチャリティーイベントの収益金209万3264円を熊本地震復興支援の義援金や東日本大震災の被災地で開かれるマラソンの実行委への寄付金などに充てることを発表した。大会会長の中尾友昭市長は「天候に恵まれて、皆さんのおかげで大成功に終わった。次回は記念すべき大会。まだ改良の余地はあると思うので、皆さんと力を合わせて準備を進めていきたい」と述べた。実行委が決算見込みやランナーの声などを紹介。改善点として、スタート前のト...    
<記事全文を読む>