第41回熊本甲佐10マイル公認ロードレース大会(熊本陸協・甲佐町・熊本バス・熊日主催)は27日、甲佐町役場前発着の日本陸連公認コースで行われ、一般競技者の部(10㍄=16・093キロ)は神野大地(コニカミノルタ)が46分38秒で初優勝した。

 序盤から神野と、国際競技者の部(10マイル)のカレミ・ズク(トヨタ自動車九州)、エドワード・ワウエル(NTN)がレースをけん引。同部門は残り5キロで抜け出したズクが46分19秒で3年連続の優勝を飾った。

 高校男子(10キロ)は、西田壮志(九州学院)がこれまでの大会日本人最高記録を1秒更新する29分34秒でフィニッシュ。中学男子(5キロ)は東原愛斗(...    
<記事全文を読む>