2016関市ほらどキウイマラソン(実行委員会主催、岐阜新聞・ぎふチャンなど共催)は27日、関市洞戸市場の洞戸橋西詰めをスタート地点に行われ、市民ランナーが晩秋の山あいを駆け抜けた。

 大会は第26回を数え、10キロ、5キロ、3キロの計16部門に、県内外の1837人がエントリー。雨の中、沿道の熱い声援を背にゴールを目指した。

...    
<記事全文を読む>