男子第67回、女子第32回近畿高校駅伝は27日、大阪府能勢町役場前発着の特設コースであり、男子(7区間42・195キロ)は兵庫の須磨学園が2時間6分15秒で2年ぶり4度目の優勝を飾った。2位は2分差で西脇工(兵庫)、さらに8秒差で報徳(兵庫)が3位に入った。女子(5区間21・0975キロ)は大阪薫英女学院が1時間8分50秒で2年連続2度目の頂点に立った。兵庫の須磨学園は44秒差の2位で、西脇工(兵庫)は5位だった。

   ◇   ◇ 9秒差で惜敗した県大会から3週間。男子の須磨学園が、都大路を逃した無念を晴らすかのように、ぶっちぎりで栄冠を奪った。

 1区井上、2区坂元の2年生コンビで先頭...    
<記事全文を読む>