全日本実業団対抗女子駅伝は27日、宮城県松島町文化観光交流館前から仙台市陸上競技場までの6区間、42・195キロで行われ、日本郵政グループが2時間15分8秒で初優勝した。2位は第一生命、3位にヤマダ電機が入った。

 4位の九電工、5位のワコール、6位の天満屋、7位の資生堂、8位のユニバーサルエンターテインメントまでが来年のシード権を獲得した。4連覇を狙ったデンソーは11位に終わった。豊田自動織機は1区から2区へのたすきリレーで違反があり、失格となった。

 創部3年目の日本郵政グループは2区の鈴木亜由子、3区の関根花観らが堅実に走り、上位争いを展開した。5区で鍋島莉奈が区間賞の走りで先頭に立...    
<記事全文を読む>