「クイーンズ駅伝in宮城」第36回全日本実業団対抗女子駅伝が27日、宮城県松島町文化観光交流館前から仙台市陸上競技場までの6区間、42.195キロで争われる。シード権を持つ8チームと予選会を通過した14チームの計22チームが出場する。

 26日は仙台市の仙台サンプラザホールで開会式が行われ、選手や大会関係者ら約500人が参加。日本実業団陸上競技連合の西川晃一郎会長が「チームが一体となる素晴らしさを見せ、日頃の支援に対する感謝の気持ちを持って走ってほしい」とあいさつし、前回優勝チームで4連覇を狙うデンソーの小泉直子主将が選手宣誓した。

 宮城県での開催は今年で6回目。スタートは午後0時15分...    
<記事全文を読む>